101匠の会

学習と生産・こっぽい屋を支える生産者団体 101匠の会

我が家の野菜を自信をもっておすすめします

101匠の会は、『こっぽい屋』へ出荷するための生産団体。会員には個人が170人、団体が11団体加入しています。会員のほとんどはおばちゃん達で、野菜づくりに関してはその道何十年のベテランぞろい。これまでは自分の家で食べていた野菜を、「こっぽい屋」ができたのを契機に出荷するようになりました。今までも農薬はあまり使っていなかったため、「ゆうきげんき正直農業」にはけっこうスンナリと入っていけたようです。「少々見栄えは悪いけど、孫に食べさせる野菜をお客様にも提供したい」と毎日元気いっぱいがんばっています。

101匠の会憲章 一、私たちは、誰にも恥ずかしくない本物をつくります。 一、私たちは、自然の営みを邪魔しません。 一、私たちは、喜びと楽しさを分かち合います。 一、私たちは、心を込めて匠の技を生かし磨きます。 一、私たちは、池田で暮らすことを楽しみます。

池田のおばちゃん達は勉強熱心

  • 冬季の座談会

    冬季の座談会

  • 研修会

    研修会

農薬や化学肥料を使わないで農産物をつくることは非常にむずかしいことです。農薬をやらないと病気や虫で作物が全滅することもありますし、草を取り遅れると作物が草に負けてしまいます。また化学肥料なしでは、適期に肥料を効かすことができないこともあります。しかし、池田のおばちゃん達は、安全でおいしい野菜をお客さんにお届けしたいとの思いで、勉強に励んでいます。

土づくりが基本

「健康な土から健康な野菜を育てる」にはなんと言っても土づくりが基本です。おばちゃん達は、まず第一に堆肥を散布し土づくりを行います。そして早めに有機質の肥料を施し、マルチをかけて準備をしておきます。基肥が多いと病気や虫が発生しやすいので、やりすぎないことがコツ。また、病気にはトウガラシ液などを予防的に散布しますし、虫がでたら早めに対応します。アブラナ科の野菜につく虫はどうしようもないので、播種後(定植後)すぐに防虫ネットや不織布をかけます。また、連作障害による根こぶ線虫などは、夏の間ビニールをかけて太陽熱消毒を行ったりしています。

有機栽培では土づくりが基本

栽培記帳でトレイサビリティ

出荷される野菜がどのようにして作られたかがすぐにわかるように、おばちゃん達は栽培の記録を記帳しています。そしてその栽培記録を見ながら、『ゆうき・げんき正直農業』の現地審査を行っています。おばちゃん達は「眠い目をこすりながら書くのは大変。でもボケ防止にはいいかも」と前向きです。

栽培記帳でトレイサビリティ